ビル管理の内容
ビル管理、と言われて皆さんはどんな仕事内容を想像されますか?不動産のように実際にビルを購入するのか、はたまたビルの売買で利益を発生させるのか・・・。実はビル管理というのはそういった仕事ではありません。 ビル管理という仕事は、一言で言えばビルに関する何でも屋さんであると言えます。例えばビルの設備を管理したり定期的に点検を行ったり、場合によっては修理・修繕まで行ったりします。電気に関する必要な知識が無くとも、必要とされる場所があればすぐに駆けつけ対応するような、そんなスーパーマンのような立場です。

仕事の内容は仕事を委託される会社、つまりビルの所有者によって様々ですが、基本的にはビル内外の清掃や管理を行うような形になります。その為依頼主によってはやや大変な仕事が待っているとも言えるでしょう。 基本的には、数名がその日振り分けられた時間ごとに仕事を行う形になります。例えばビル内の巡回という仕事であれば、一人が巡回している間、一人は仮眠を取り、一人は事務所の管理・監視を行うなど作業分担がしっかりされています。その為拘束時間が長い仕事の割には、体に対する負担も少なく済む為、比較的高齢の方でも受ける人が多いと言えます。

ただ一つ言える事は、ビルを所有している人たちからは非常に重宝されている、という点です。言うなれば「あなたがいなければこのビルは成り立たない」という内容で仕事を請け負うわけですから、仕事のやりがいも一入と言えますね。
どんな人が向いているか
ビル管理の仕事はどんな人が向いていると言えるでしょうか。 まず一番に柔軟な対応力がある人が向いていると言えます。ビルの管理者から受けた仕事をすぐに対応できる、こういった適応能力はどんな業種でも歓迎される部分と言えるでしょう。ただし好奇心・・・
詳細はこちら
ビル管理の求人内容について
ビル管理の求人内容はどんな物があるのでしょうか。 一般的な求人内容は【未経験者歓迎】【学歴不問】というフレーズが目に付きます。基本的に体を動かす仕事である事と、仕事を行う事により自然と経験が身についてくるという、ビル・・・
詳細はこちら
取得しておくと便利な免許
ビル管理の仕事を行う際、必要な資格とはどんなものがあるのでしょうか。 まず専門的に携わる仕事の種類によって異なりますが、これは自分が得意と思える物を率先して受けるようにしましょう。 例えば電気関係に詳しい人であれば「第2種電気工事士」という・・・
詳細はこちら


Copyright ©2014 ビル管理は何をすればいいのか All Rights Reserved